深爪

【深爪矯正記】メンズ専門の深爪矯正サロンで深爪を治す!【3日目】

スポンサーリンク

深爪矯正記3日目です。

深爪成長の記録

ではまず本日の記録です。
まずは右手

左手

親指

親指の画角が少し異なっているので比較しにくくてすみません。
今日は伸びているような伸びていないような?という感じで明確に伸びた気はしませんでした。
また、3日目にして根元や左右が少し浮いてきた感じがします。
伸びているそうなるのが当然なのかどうかは不明ですが、とりあえず触らなければ問題無いはずなのでもう少し様子を見ます。

力仕事の時は爪の扱いに注意

さて、深爪矯正生活3日目です。
今日は日曜日なので本業は休みだったのですが、個人で並行してやっている仕事のお手伝い依頼があり、わざわざ片道2時間かけて仕事をしてきました。

深爪になる原因の個人的第一位は退屈、暇つぶしなので長時間移動はまさに退屈の宝庫なので危ないかな?と思いました。
しかし、結果的には問題ありませんでした。ちょうど興味のあるレクチャー動画の録画があったので、それを見てちょうど2時間、退屈の難は逃れました。笑

仕事の作業内容は建物の改修に向けた現地調査で、今ある建物を目視したり棒でコンコンしたりして、ひび割れ箇所を見つけたりタイルが剥がれかかってないかを見るという内容です。私は建物のひび割れ個所を確認する係だったのですが、途中タイル確認担当の人が抜けてしまい急遽爪に影響を与える仕事が発生!
タイルが剥がれそうなところや欠けているところに色付きのテープを貼って記録するのですが、これ、最後は剥がさないといけないんですよね。

建物は3階建てですが、タイルの面積でいうと500㎡以上あります。その中で問題のあるタイルにテープを貼る作業は結構大変なんです。しかしさらに大変なのは剥がすことでした。作業自体が疲れるから大変というよりも、爪への負担がデカいのが問題でした。軽めに貼ってあるところなら良いのですがしっかり貼ってあるところは爪でカリカリしないと剥がれないのです。
ネイルサロンの担当の人からは硬いので大丈夫とは言われていたものの、何せ数が数です。ネイルが耐えられるか心配になりました。

早くも3日目にして訪れた試練を乗り越えるべく、爪を極力使わないように指の腹で擦りまくってめくれるのを待ち、めくれたらそのままコロコロして巻き取るという技を見つけたため、なんとか試練を乗り越えることができました。ただ、そのおかげでザラザラしたタイル面を擦った私の指の腹はだいぶダメージを受けましたが。笑

深爪していると気がつかないですが、日常には爪を使う場面がいくつもあるのだと気付きました。
この調子だと3週間後のオフで完全に終わりではなく、耐久性を持たせるためのジェルネイルコーティングは必須かなーと思い始めました。ただ、金額が1万5千円くらいするのが悩みどころです。もう少し時間が経ってからまた考えることにします。

ネイルオイルの塗り忘れる

無事作業を終えて帰宅。酷使した爪を労わろうとネイルオイルを塗ろうとしたのですが今日は妻の母が遊びに来ており、ちょうどネイルオイルを置いてある部屋を義母の寝室としてしまったので取りに行けずじまいだったので今日は残念ながらケア無し!
「ネイルオイルは気が付いたらどんどんやって下さい」とネイリストに言われていたので、きちんとやろうと思います。

まとめ

爪を酷使する機会があってもできるだけ避けることが大事だと思います。
硬いとはいえ、壊れたら怖いですしね。
明日も気を付けて過ごしたいと思います。

スポンサーリンク

-深爪

© 2021 Be!男子 Powered by AFFINGER5