男性不妊

【男性不妊】不妊男性患者の40%に見られる精索静脈瘤になっていた話。検査方法、費用、対処法まとめ

スポンサーリンク

前回記事ではなんとなく精液検査を受けたらまさかの能力不足と診断されました。

その際に「疾患による影響もあるので念のため調べてみて」と別な男性不妊クリニックを紹介していただきました。
今回はクリニックでの疾患検査の内容、費用、結果、対処法について書いていきます。

元町宮地クリニックへ

精液検査をした病院から紹介されたのは元町宮地クリニックという横浜中華街に近いクリニックでした。
私は神奈川在住なので、それなりに行きやすいところで良かったです。
不妊治療をする場合は通いやすいところにするのが良いと思います。
今回は紹介だったので選べませんでしたが。笑

予約をしましょう

私が行こうとしたときは予約をせず、横浜で予定があったついでに行きました。
予約なしの場合は待つことになるので予約したほうが無難でしょう。
待って診てもらえればまだ良いですが、予約のみの受付だと無駄足になってしまいます。
不妊関係のクリニックはたいてい予約必須なので時間の有効活用のために予約をおすすめします。

紹介状を持参しましょう

初診の場合、紹介状があると話が早いです。
私の場合は精液検査の所見が悪いだけの話で単にクリニックを教えていただいただけで、紹介状などはありませんでした。
手術などの大きなことでない限りは紹介状は恐らくないと思いますが。

院内の様子

院内は2階にあり、落ち着いた色目の木調で統一されていて清潔感がありました。
手前味噌ですが、デザイナーをしている私の目から見ても良い雰囲気だと思います。

精巣(睾丸)の検査

さて、診察内容です。

半裸になる

診察室に入り精液検査の所見が悪かったこと、紹介されたことを伝えました。
精巣の検査をするとのことでしたのでパンツと下着を下ろし下半身半裸になります。
ちなみに先生は男性で女性看護師などは同席しておりません。

触診と超音波検査

陰嚢ごしに精巣を触診した後、ローションのようなものを陰嚢に塗り機械を当て始めました。
超音波検査をするそうです。

精巣の大きさや精巣腫瘍の有無、精巣上体の硬結部分、精管の欠損や太さ、前立腺の炎症や大きさを診ます。陰嚢部超音波検査では、精巣の大きさや腫瘍の有無、精索静脈瘤の逆流や静脈径を診ます。

https://www.motomachi-miyaji-clinic.com/sinryo/funin_men.html


その機械とつながったモニターには陰嚢の中の様子が映っています。
ちなみに痛みとかは全くないのでご安心下さい。
ローションのせいでひんやりするくらいです。笑

先生に「下腹部に力を入れて下さい」と言われたので言うとおりにグッと力を入れます。
すると先生から「あー」との声
「え、え、なになに?」と心の中でドキドキする私。
先生「精索静脈瘤だね」と一言

精索静脈瘤が発覚

精索静脈瘤はこんな症状を指します。

https://ginzarepro.jp/sinryo/ より引用

精巣の静脈が重力で逆流して、精巣の周りに血液がうっ血する病気です。一般で15%、不妊男性で40%以上にあります。
精索静脈瘤により、精巣機能の悪化、精巣萎縮、精液所見の悪化、精子の遺伝子(DNAと染色体)ダメージ、陰嚢痛や違和感、男性ホルモンの低下が起こります。 自覚症状はない場合が多いですが、悪化すると陰嚢の腫れ・凸凹、陰嚢痛が出現します。
また、欧米をはじめとする世界のガイドラインで、精索静脈瘤は男性不妊と深く関係していると述べられています。精巣の温度が体温より2-3度低い状態で、精巣は機能します。精索静脈瘤を放置すると精巣の温度が高くなり精巣機能が悪化します。
精索静脈瘤を治療することにより、精液所見も自然レベルまで改善する可能性があります。

https://ginzarepro.jp/sinryo/

要はこういうことですね。

静脈瘤で血液が滞る
   ↓
精巣温度が上がる
   ↓
精巣機能悪化
   ↓
精子の能力低下

一般男性の15%、不妊男性の40%に見られる症状らしいです。
とても高い数字ですよね。自分が知るまではこんなことがあるとは知らずに生きてきたので、もっと世の中に広まれば良いなーと思います。
まだまだ不妊の原因は女性にあると思われる方が多いみたいなので。

さらに悪い知らせが。
精索静脈瘤は左側になりやすく、片方だけの場合が多いみたいですが
もう片方の陰嚢も念のため同じ工程を繰り返すと、なんともう片方にも精索静脈瘤が見られるとのこと。
ただの力試しの精液検査から段々悪化の一途をたどっていくのが結構メンタルやられますね。
子供ができなかったらどうしようとか、妻への申し訳ない気持ちやら。。。

とはいえ、昔は触診のみだったため、精度が低かったそうです。
今よりも見逃されていたのがきちんと原因が分かったので対策の立てようもある!
と前向きに考えてみようと思います。
むしろ原因が分からない方が手の打ちようが無いので、ある意味良かったです。

精索静脈瘤の治療

治療方法は大きく2つ提案されました。
1つは服薬、もう1つは手術です

服薬による血流の改善

結論から言うとまずは服薬による改善にしました。
理由はいきなり手術だと費用的にも気持ち的にも急すぎるので、
手術と比較すると効果は低いが安価で手軽な服薬が良いと思ったからです。
実際にこれで改善される方もいるとのことや、
私が30歳、妻が27歳なのでそこまで急いでいないこと理由に挙げられます。

もし時間的な猶予が無い人は手術の方が費用はかかりますが確実そうです。
(と言っても手術したからすぐにできるかというとそうもいかないと思うので判断が難しいところですが。。。)

処方されたのはツムラの桂枝茯苓丸でした。
効果は色々ありますが、今回は血流の改善を目的としています。
1日3回食間に飲みます。
食間の方が吸収が良いとのことが理由です。

手術による改善

手術にも色々種類があり

保険適用できるもの、できないもの
費用が高いもの、安いもの
合併症リスクが高いもの、低いもの
再発の可能性が高いもの、低いもの

いろいろな種類があるのでこれは医者と相談して決めるべきだと思います。
その病院では行っていない手術も多々あるので、セカンドオピニオンを聞いても良いかもしれません。

もし手術をするなら私は多少高くても確実な手術を選ぼうと思いますが、
まずは手術をしなくてすむと良いなーと希望的観測を抱いています。笑

ちなみに手術費用は病院によって違うと思いますがざっと調べた限り
再発や合併リスクが低いものは30~50万円(保険適用外)が相場みたいです。

尿検査

その場で尿を採取し検査を行いました。
こちらは問題ありませんでした。

ホルモン検査

念のため血液によるホルモン検査を行いました。
これはすぐに結果が出ないとのことなので次回来院の際に結果を聞きます。

いい加減正常な結果が聞きたいです。。。

精索静脈瘤検査の費用

さて、気になる費用です。

ほぼ保険適用外

初診料、尿検査、ホルモン検査、超音波検査含めて34,600円でした。
保険適用だったら1万程度で済むのに。。。

保険適用外なのはこのクリニックに限った話ではなく、
残念ながら不妊治療全般に言えることです。

高齢者の医療費は1割負担、若者の不妊治療は保険適用外…なんだかなあ…
もちろん高齢者の医療も大事ですがそれを支える若年層が増える構造になっていないと破綻の一方ですよね。

不妊治療にかかった総額を調べたグラフもありますが、半数以上が100万円以上費やしているとのこと。

https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/48722.html

現代は子供を育てるだけでもお金がかかるのに、まずは生む時点で100万以上かかるなんて辛すぎます。

薬代も保険適用外

さて処方箋を持って薬局に行きます。
残念ながら薬代も保険適用外です。
1か月分の漢方を出してもらい約3600円でした。

アルコール依存症の治療とかは保険適用なのに、不妊治療は適用外が多いのもなんだかなあ。

領収書は医療費控除に使う

さて、高い金額を払うならできるだけ回収しましょう。
不妊治療の費用は保険適用外のことが多いですが医療費控除に使えることがあります。

ぜひ捨てないで大事に保管してください。
幸か不幸か保険適用外のため医療費が高く控除に必要な10万円を超える可能性が高そうなので。
医療費控除については国税庁のHPをご覧ください。

また、不妊治療の医療費控除の対象も併せてご確認ください。
今回の私の場合は薬代も対象になるそうです。

https://www.navinavi-hoken.com/articles/medical-expenses-deduction-Infertility-treatment

不妊治療の保険適用範囲拡大なるか

タイムリーなニュースで、菅首相が不妊治療への保険適用範囲の拡大を提言しました。
採否や施行のタイミング、範囲などまだまだ不明確ですがぜひ実現して欲しいですよね。

まとめ

精液検査で精子の能力が低い場合、
特に運動率が低い場合は精索静脈瘤の可能性が高いそうです。
現に私もその他の数値はWHOの基準値を超えておりました。

成人男性の15%、不妊男性の40%に症状がみられるので、妊娠を望む夫婦やカップルは男性も精液検査をすることを強くおすすめします。

今回は漢方を服用しつつ次回血液検査の内容を踏まえてよい具体の治療方針を決めていく予定です。
また、それと並行して筋トレと定期的な射精をするよう先生からアドバイスがあったので実行しようと思います。

スポンサーリンク

-男性不妊

© 2021 Be!男子 Powered by AFFINGER5