男性不妊

【男性必見】なんとなく精液検査を受けたらまさかの男性不妊だったお話

スポンサーリンク

今日は精液検査を受けたらまさかの男性不妊だったお話しです。
※この記事は調べた上で書いていますが、詳しい内容は必ず専門医と相談の上判断をして下さい。

精液検査を受けるきっかけ

精液の力試し

精液検査をする人の多くは不妊疑惑が浮上してから行うのが普通かもしれませんが、私は違いました。
一種の力試しくらいの軽い気持ちです。
男性は勝負事や何かを競うのが好きな人が多いと思います。
特に競うこととしては身体的な強さを伴う物が多く、身長が高いとか、腕相撲が強いとか、ボールをどこまで飛ばせるかとか、水切り何回できたとか、そういう類のものが多い気がします。

ことあるごとに表立って競ったり力試しをするのは男性性の特徴かなと思っており、これは本能的なものに起因してるのではと推測してます。
その力試しの一貫で、男性としての身体的な強さの最たるもの(?)とも言える生殖能力=精子の能力を確かめるべく、本当になんとなく「俺の精子はどのくらい強いかな〜」という軽い気持ちで行いました。

男性ホルモンと不妊の関係

自分は体力もあるし身体もがっちりしてるし顔の彫りも深めで体毛も濃く性欲も人よりはある(当社比)ので男性ホルモンが強いことは明白です。
そんなですから、自分の精子の能力に疑いはありませんでした。
さらに過去に女性(長い付き合いの友達)から「なんかすぐ子供できそうだよね」とか「精子強そう。笑」みたいなことを言われたこともあるので「まあそうだよね!」と軽く受け止めていました。
しかし、今なら言えます。
男性ホルモンと精子の強さは必ずしもイコールではないということを。

すぐできると思っていた子供が中々できない

精子に疑いを持っていない中、結婚をして半年後くらいには結婚式も終え子作りをし始めました。
とは言っても正確には避妊を止めた程度でタイミングなどはそこまで重要視してませんでした。
しかし、2〜3ヶ月経ってもできません。何も考えてないので当然と言えば当然なのですが、世の中には百発百中の人もいたりしますし「意外と妊娠ってしないもんだな〜」と思っていました。
ただ、所詮数ヶ月です。自分の精子を信じて疑いませんでした。
そんな日々の中、たまたま日曜日に出かけた先で暇になり、ふと「精液検査するか。ちょうど日曜やってるところ近いし。」という、本当にフラッと居酒屋に行く感じでいきました。
しかし、これが長い不妊との戦いの幕開けになるとは夢にも思いませんでした。

不妊治療のクリニックへ

精液検査には予約と禁欲が必須

とはいえすぐ行けるわけでもなく、予約が必要でした。(そりゃそうだ)さらに、精液検査の前は数日自慰行為をしないで来院するらしいこともその時知りました。
たまたま予約がすぐ空いており、かつたまたま数日禁欲していた(下品な話ですみません)のでスムーズに行けました。
が、もし予約が空いてなかったら
もし前日に自慰行為をしていたら、
今頃はまだ何の対策もせずに子作りに励んでいたかもしれません。
そう思うと怖いですよね。

予約が済んでクリニックに向かいます。
私が行ったクリニックは口コミも良く、とても綺麗で清潔感がありました。
受付では名前でなく番号で呼ばれるのでプライバシーが保たれますのでその点は安心ですね。

精液検査の流れ

受付で精液検査をしたい旨を伝え、問診票を書いて待つこと数分、受付で紙コップを渡されて個室へ。
個室はテレビ、DVDデッキ、トイレ、洗面所がついた2畳ほどのスペースです。
「おー本当に自慰行為のための設備があるんだ!」とかろうじて知ってる現場を目の当たりにして少し感動しました。
DVDは2種類あり、当たり障りのない内容でした。クリニックだからといってナースものとかありません。
見るものにこだわりがある人は自分のスマホで見ても良いと思います。

ちなみにティッシュとヘッドホンがありましたが、ヘッドホンはいろんな人が触ってというのがもし気になる方は持参した方が良いです。
尿検査のように出したら小さい小窓の前に置いておけば向こう側の検査室?みたいなところから取ってくれるという流れです。

受付に戻り終わった旨を伝えると「検査結果が出るのが2時間くらいかかるのでお待ちいただいても良いですし、外に出ても良いです」と言われたので外に出て時間を潰しました。

精液検査の結果

WHOの基準値をはるかに下回る精子の能力

クリニックに戻ったら診察室に呼ばれます。そこで先生に言われた一言は今でも鮮明に覚えています。
「結論から言いますと、このままだと自然妊娠は難しいでしょう」
頭真っ白!

まさかこんなことが自分の身に降りかかるとは。
結婚して、家を買って、子供を産んで、
と描いていた未来が一気に崩れ落ちるあの感覚。
子供が欲しかったので当然できるだろうと思っていたところでいきなり突き付けられた現実。。。

ちなみに検査結果はこれ↓

4項目あります。
かっこ書きの基準値はWHOが定めている基準値です。
他の項目は超えているならOKじゃん?
と思うかもしれませんが、この基準値は平均値とかじゃないです。
最低ラインです。

「このレベルに達していないと自然妊娠は難しいですよ」
という基準なので、かなり低いということが分かると思います。

それを踏まえた上で、最低ラインよりもさらに3割減の28%
もうどうしようもないですね。

ただ、悲観する必要は必ずしもないみたいです。
精液は毎日一定ではありませんし、精子自体は作られるのに数か月かかります。
よく精液は数日で溜まると言われていますが、その中の精子ができるまではかなりの時間がかかるようです(初めて知った事実)。
なので生活習慣や食事を改善すると数か月後にはまた別な結果が出ている可能性があるとのことでした。

先生のその言葉で多少は救われました。
ただ、先生曰く「なんらかの疾患が原因での精子の能力が低下している可能性もある」とのこと。
別な男性不妊の専門クリニックを紹介していただき、そこで疾患の可能性を見てみた方が良いとのことでした。

精子の能力を上げるためにできること

ではそんな精子の能力が低い人はどうしたら良いか。
先生からの指摘や様々な情報を調べた結果、大きく下記の6つのことを意識することによって、
精子の能力の改善につながる可能性があるとのことでした。

通気性の良い下着を履く

ボクサーパンツなどフィット性の高い下着は避け、通気性が良いトランクスを選びましょう。通気性が悪いと熱が逃げず陰嚢の温度が上がり精子形成に影響を与えるとのことです。
お風呂上りなどに陰嚢が温度調整をするためにタマが伸びるのは全男性が知っている事実かと思います。(寒い時に縮むのも逆のメカニズムなのはご存じの通りです。)
このことからも分かるように基本的にタマは熱に敏感です。
したがって、できるだけ通気性の良い下着を着用することで熱を逃がし、陰嚢のパフォーマンスを上げることが重要です。

とはいえトランクスに抵抗あるという方もいるかもしれません。
(トランクス愛好家の方がいたらごめんなさい。)
私もその1人で、ボクサータイプの方がカッコよくて好きなので、両立できる下着を探したところ、ありました。

デザイン特許取得済み、蒸れないパンツ【KOBI-ONE(コビワン)】

欲しいなーと思うものはなんでもありますよね、世の中すごい。
陰嚢部分や股下部分がメッシュになっているため、ボクサーながら熱を逃がせる構造になっているとのこと。
ボクサー&通気性を兼ね備えてかつデザイン的にも良いので妊活さんにお勧めの下着です。

放熱しムレにくい、デザイン特許取得の全く新しいボクサーパンツの誕生
ボクサーパンツ特有の熱がこもる構造を見直した結果、画期的なデザインのボクサーパンツ「KOBI-ONE」(コビワン)が生まれました。
陰のう部分の熱を逃がすため、業界初の陰のう&股下部分にカラーメッシュを採用。
ボクサーパンツの心地よいフィット感を損なわず熱を逃がしてムレにくくする特殊構造、
オンリーワンな形状と、最高級の接触冷感生地に鮮やかなデザインプリント、一度はいたら病みつきになります。
意匠権(登録第1554163号)

公式HPより

デザインは柄や模様があって遊び心があるので、お洒落さんにはぴったりです。
金額も3000円なので、ちょっとおしゃれな下着くらいのお値段にも関わらず機能性も良いため、
妊活さんに限らず単に夏の蒸れがひどくてかゆくなったりする人にも良いかもしれませんね。

ポップなデザインがちょっと。。。という方でも、
今後シックなデザインなどデザインの幅を広げていきたいとのことなので楽しみです。
個人的にももう少しシックなものも欲しいなーと思っています。ちょっと派手だよね。笑

長風呂やサウナはNG

これも熱関連ですね。
陰嚢に負荷を与える長風呂やサウナは極力控えよう、ということです。

長時間座りっぱなしや膝上でのパソコン作業はNG

長時間の座りっぱなしは圧迫されることや先述の蒸れにつながるため、極力意識して立ったり動いたりすることで圧迫感の軽減や通気性の向上に努めましょう。
まや、さらに熱関連でよくやってしまいがちなのは膝や太ももの上にノートPCを置いて作業することですが、これも良くないです。
座りっぱなしで圧迫されていてさらに通気性が悪いところに熱を与えているので、ここまで読んでくれた方はどのくらいやばいことか想像に難くないと思います。
楽な気持ちは分かりますが、できるだけ避けましょう。

長時間の自転車はNG

次は圧迫関連です。
圧迫されることによって血流が溜まり質の良い精子が傷つけられてしまうとされています。
特にロードバイク乗りがやばいです。(自分も持っているのですが、乗る気が失せてきました。笑)
またロードバイクはEDにもなりやすいと考えられているため、妊活をする男性は控えた方が良いでしょう。
ロードバイクに乗る楽しさを諦めるのは辛いですが。

ただ、ある研究によると不妊リスクが高まるのは週300キロ以上走行している男性の集団
という結果
もある
ので、極端に乗っている人でなければ大丈夫そうな気はします。
全く乗らないという選択をする必要はなさそうですね。

喫煙はNG

喫煙は精子形成に異常を及ぼすと言われています。
精子の数の減少や運動率の低下を招き、結果不妊につながります。
また、男性だけが吸う場合でも、副流煙によってパートナーに影響を与えてしまい卵子の質が落ちると言われています。
受精したとしても流産や先天性疾患のリスクにもつながります。
ニコチンによって血管が収縮するためEDのリスクも上昇することを忘れないで下さい。

必要な栄養素を摂取する

不妊のための栄養素とされているものには幾つかあります。
ビタミンEやビタミンC、亜鉛、葉酸などです。
これらを摂取するためには野菜やレバー、牡蠣、アーモンドなど多数あります。
私は全く専門ではないのでその辺りの栄養についてはここではあまり語れません。

とにかく、添加物の多いものや脂っこいもの、糖質の摂りすぎはNGです。
これは妊活に関係なく、生活習慣病予防などの観点からも言えることですね。
難しく考えることなく、健康そうなものを食べてれば良い、というイメージです。
(言うは易く行うは難し、なんですけどね。。。)

もう少し踏み込んで言うと「活性酸素」を減らすことが重要です。
活性酸素は呼吸でも生まれますし、たばこや飲酒などで生まれ、これによって細胞が損傷されて様々な疾患の原因ともなります。
※活性酸素自体が悪ではありませんよ。
で、その活性酸素を抑える抗酸化作用のある食品を積極的に摂りましょう。
じゃあ、その食品は何?となると代表的なものにはビタミンA、C、E、ポリフェノール、リコピンなどを含むものになります。

具体的な栄養素や食品は色々な専門家やサイトを調べると出てきますが完全に一致しているわけではないので、
複数を比較してみて手を付けられそうなところから始めると良いでしょう。
ただ、妊活中の夫婦は共働きで忙しい人も多いでしょうし(実際私もそうです)、
毎食しっかりバランスの取れた栄養を摂取するのは買い物や献立決め、調理を含めるとまず無理だと思います。
なので、できるところはやる、それ以外はサプリなどを服用して、食事と並行してトータルで考えるのがベストかと思います。

購入者の8割が女性というマカは有機JAS認証の濃縮なしの純粋マカなので凝縮しているマカと比較して栄養素がそのまま摂取できます。

また、男性と女性では体の構造が違うのでそれぞれに適したサプリを摂取する必要があります。
この妊活に必要な27種類+αの栄養成分をしっかり配合!贅沢な妊活サプリ【プレメント】なら、自分とパートナーそれぞれに合うサプリを選択することができます。また、どうしても忙しくて妊活の時間が取れない夫婦はシリンジ法を試すきっかけにもなるお試し2回分がついてきますので試してみても良いかもしれません。
私もシリンジ法は検討しようかなと思ったのですが、そもそもの精子の能力に難ありなので現状は試すには至っておりません。
シリンジ法キット販売サイトはこちら

自宅で簡単人工授精!!妊活ブームで今話題のシリンジ法【シリンジ法キット】

さらに男性は聞きなれないかもしれませんが葉酸も妊活さんに良いとされています。
女性は割と知っている人が多くてびっくりしました。割と常識なんですかね?
今なら80%offなので19800円(税込)が3980円(税込)とのことです。

こちらは葉酸とマカが組み合わされたサプリメント妊活は夫婦で【ベルタ葉酸マカプラス】
まさに私のような30代にぴったりの妊活サプリです。
ミトコンドリアも入ってますね。

ただし、何事もそうですが限度があります。
やみくもに何でもかんでも大量に飲めばよいかというと、当然そんなことはありません。
必ず自分の専門医と相談した上で最適なサプリを摂取するようにしましょう。

禁欲しすぎない

男性機能の低下や精子の質を下げないためにも定期的に出した方が良いみたいです。
また、男性機能に不安がある方はマカや亜鉛を積極的に摂取しましょう。
贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα

精液検査は保険適用外のパターンあり

さて、気になる精液検査のお値段ですが8000円でした。
これはクリニックによって変わります。
今回は自費診療でしたが、保険適用ができるところもあるみたいなので

とかでググれば良いと思います。
ちなみにググって一番最初に出てきたこのクリニックは保険適用ができ、精液検査1200円のようです。安くてありがたいですね。

自費診療の場合は5000円~10000円くらいが相場のようです。
保険適用の場合はその3割なので1500円~3000円くらいになる計算ですね。
また、病院で自慰行為をするのは恥ずかしいという人は、精液の持ち込み(保管方法や出してからの時間に制約あり)やSeemというスマホでできる精子のセルフチェックキットもあるので、こういうものを利用しても良いでしょう。精子のセルフチェックキットはその他多数あるので、調べてみてコストや性能を比較してみても良いと思います。

また、妊活の前には必ず性感染症に罹っていないかも必ず調べましょう。
知らないで妊活を始めると母子ともに多大な影響を与えます。
検査は病院でも当然行えますし、恥ずかしかったりプライバシーが気になる方は精液検査同様ネットでの注文、検査でバレずに調べることができます。自宅で簡単性病検査ができる検査キットはこちら。


検査キットは男女共に幾つかの種類から選べます。
HIVや梅毒を始めとする一般的な性病の項目を網羅しているキット15000円程度
感染しやすいクラミジアやカンジダといったものが検査できるキット6000円程度
などがあります。

金額が一番高いものが最も多くの項目を網羅できているのでぜひしたいところですが、
最も高いキットは30000円くらいしますので、自身の体とお財布と相談して決めて下さい。

クラミジア・梅毒・エイズ・淋菌・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査 STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

ちなみに病院に行くとかなり安くなるか、というと別にそんなこともありません。
多少は安いこともありますが、同じ検査をしようとしたら同じように10000円は超えてきます。
病院に行く手間や病院での待ち時間などを考えると仕事をしているとなかなか難しい人も多いと思いますので、
郵送でできる検査も視野に入れてみるのも多忙な妊活カップルにはおすすめです。性病検査のエキスパート!さくら検査研究所

まとめ

なんとなく行った精液検査ですが、まさかの結果でした。
この一連の騒動を踏まえて思ったことは、

・ノリでも勢いでも良いから精液検査は早めにやるべし
・精液検査は予約と禁欲必須
・精子の能力と外見や性欲は一致しない
・良い精子を作るためにタマは大事にする
・精子の能力を高めるため、熱と圧迫と栄養に気を遣う
・精液検査は保険適用されるものとされないものがある
・精液検査だけでなく性病検査もする必要あり

ということです。
ぜひ色々な人に行って欲しいと思いました。
今度は、疾患の有無を確認してもらうために紹介してもらった他のクリニックに行ってみようと思います。

自宅で簡単人工授精!!妊活ブームで今話題のシリンジ法【シリンジ法キット】


スポンサーリンク

-男性不妊

© 2021 Be!男子 Powered by AFFINGER5