ボディメイク

【ファスティング体験期:酵素ドリンク編】優光泉のファスティングセットを公開。メリット、デメリットを解説

スポンサーリンク

どうも、aremenです。
今回はファスティング体験記の酵素ドリンク編についてお伝えします。
ファスティングに至る経緯や酵素ドリンクに迷っている方はこちらも併せてご覧下さい

【ファスティング体験期:準備編】30歳ファスティング初心者男性がダイエットに挑戦

どうもaramenです。今回はタイトルの通りファスティングに挑戦する体験期を書いていきます。※あくまで一個人の体験記ですので必ず自身の体調を考えながら行ってくださいね! ファスティングとは 「ファステ ...

続きを見る

 

酵素ドリンクのレビューと評価をしてみた

酵素ドリンク「優光泉」を購入

前回の記事で記載した通り酵素ドリンクは「優光泉」を購入しました。
それなりの金額はするものの素材がしっかりしている安心感や割引率、口コミ、開封後でも返金保証があることなども理由に挙げられます。

ハーフボトル2本セットで約8000円になります。
結構な金額と思うかもしれませんが、ハーフと言っても550ml入っています。
1回飲む場合は20ccですので27.5杯分
1本4000円として27.5杯で割ると約145円/杯となります。

1食につき2杯飲むので、1食あたり290円ですね。
高いか安いかは人それぞれだと思いますが、
コンビニでおにぎり2個、サラダ、お茶を買うと500~700円くらいになりますので、
そう考えると安いとまでは言わないものの高すぎるということはありません。
もちろんカロリーベースで言ったら違いますが。笑

しかし酵素ドリンクを飲むことで食事の準備もほぼいらず、時短になります。
ファスティング中はお酒も飲まなくなるのでトータルでは±0かお得かと思います。
もっと安い酵素ドリンクもあるので、そういうのを選べばよりお得になるでしょう。

1食290円、しかもたった40㏄(2杯分)というと「お高めかな?」と思いますが、
冷静に考えると普段週5くらいで1本300円くらいする500mlのビールを1~2本飲んでるのをやめた方がはるかにお得なんですよね。笑
しかも糖質もありダイエットの敵!

嗜好品と比べるのは違うかもしれませんが、1食290円もいろいろな価値観の上で判断してもらえれば幸いです。


酵素ドリンク「優光泉」到着!

優光泉が到着しました。
550mlの瓶が2本入っているので結構重い。
さて開封して並べてみます。

内容物
・優光泉ハーフボトル スタンダード味×1
・優光泉ハーフボトル 梅味×1
・炭酸水 ×2
・瓶につけるキャップ ×2
・計量カップ ×2
・ファスティングガイドブック 1冊
・ダイエットサポートシート(短期用:6日分) 1枚
・ダイエットサポートシート(長期用:31回分) 1枚
・その他チラシ

良かった点:炭酸水がついてくる

きちんと見ていなかったのでハーフボトル2本だけかと思っていたらいろいろついてくるみたいです。
優光泉をそのまま飲んでももちろん良いそうですが、4~6倍程度に希釈して飲むことをガイドブックに記載していたので、炭酸水をわざわざ買わなくてもついてくるのはありがたいですね。
家では常に炭酸水を常備しているので良いですが、そうじゃない人にとってはとても助かるかと思います。

※後日談ですが、普通の水で飲むより炭酸水で飲んだ方が美味しかったので私的に炭酸水は必須です!

良かった点:キャップがついてくる

毎回瓶を開けるのはめんどくさいのでワンタッチで開けれらるキャップがついているのは良いと思いました。
1日6回飲むらしいので、楽なのにこしたことはありません。

また、1回あたり20ccとそこまで多くない量なので瓶の大きい口だと一気に出てしまう可能性があるので、
キャップをつけることによって一気に出ないようなつくりになっているので安心です。
大きい口で少しづつ入れようとすると垂れてしまい、瓶がベトベトになるのを防ぐ役割にもなります。

良かった点:ガイドブックがある

ガイドブックがついてくるので、初心者でも困らずファスティングをすることができます。
1食抜き断食や1日断食、3日間の断食などバリエーションに合わせた説明があるので分かりやすいです。

また、準備期や回復期に食べるもののおすすめや体調が悪くならないためのアドバイスも記載があるので、
安心して取り組むことができると思います。

良かった点:ダイエットサポートシートがある

体重の変化や、酵素ドリンクを飲んだかどうかなどのチェックもでき、
ファスティングの記録をつけるのにうってつけです。

1日6回も飲むとなると何回飲んだか忘れそうになるので、
飲み忘れが無いようにうまく使えればよいと思います。
ちなみに多く飲む分には問題無いとのことですので、飲むのが少なくならないように注意しましょう。

ただし、短期用のシートは1枚しかありません。
なので、できればコピーをして何回分かストックしておくのが良いのかなーと思います。
もちろん自作でもいいですし、その辺の紙にメモでも良いと思うのですが、
本家が一番使いやすいと思いますし、何回も記録していくならばフォーマットが揃っていた方が統一感もあり
比較したり見返す場合もみやすいはずです。

どちらでもない点:計量カップ

家に計量カップがあるので、計量カップがついてくるのは特にありがたいとは思いませんでした。笑
優光泉を図る程度なら良いのですが、普通に料理に使うには小さいなーという印象です。
計量カップの数が増えるのは個人的にはメリットではなく、優光泉専用計量カップという使い方のみなら無くても良かったと思います。

ただ、料理で使う計量カップとは使い分けたいという方や、
大きい計量カップはあるから小さめの計量カップが欲しかった!
という方にはメリットだと思います。

計量カップがあってもなくても金額は変わらないので特別マイナスや不満があるわけではありません。笑

ファスティング準備期は何を食べるべきか

ファスティングの理想的なやり方としては、いきなり始めるのではなく
食べる量を減らしていったり、食べるものを体に負担の少ないもの(野菜や穀物、豆、魚など)にシフトしていく「準備期間」を設ける方がより効果的とのことです。
しかし、私は思い立ったらすぐやりたい性格なので準備期間無しで始めることにしました。
準備期間よりもファスティングを行った後の回復期間の方がより重要とのことなので、それはきちんと行うようにします。

ちなみにファスティングを始めるのは1/18(月)からなのですが、
1/16(土)は私の誕生日が平日だったことから誕生日ディナーで串カツ(当然お酒を飲む)
1/17(日)は海鮮丼に(これはまだまし)、フライドポテトに軟骨のから揚げ(当然お酒を飲む)
という割と負担大きめのものにしてしまいました。

「ファスティングやろう!」と思い立ったのが1/14(木)で、
注文したら思っていたよりもすぐ届いたので予定外だったんです。笑

というわけで本来であればしっかりと和食など体への負担が少ないものにすべきだったところ、
いろいろな要因が重なり結果として全く準備期を設けずファスティングに臨むこととなりました。

次回はファスティング実践編です!

スポンサーリンク

-ボディメイク

© 2021 Be!男子 Powered by AFFINGER5